古書を買取!貴方の古本は誰かにとっては古書かもしれません。

電卓を持っている手元

古書とはどんなものか

古書とはいったいどんなものなのでしょうか。私たちが普段よく目にする「古本」と何か違いがあるのでしょうか。このページでは古書と古本の違いなどについて説明しています。

古書とメガネ

買取サービスは色々ある

買取サービスはなにも古書だけに限ったものではありません。買取サービスに出すものなんてない!そう思っている方も一度、箪笥の中を確認してみてください。きっと眠っている何かがあるはずです。

電卓を持っている男性

他人にとっては価値がある

ベビーベッド、ベビーカーなどのベビー用品でさえ、買取してくれるところはあります。自分たちにとっては価値がないものでも、他人にとっては価値があるということもあります。ぜひ利用してみてください。

買取サービスを利用しよう

価格を掲示する女性

昔は今程に娯楽がなかったこともあり、本をよく読んでいました。
そのため家の本棚にたくさん本があるという家庭も多いことでしょう。自分たちは読まないけれど、お祖父様やお父様が大切にしていた本で、本棚からおろして整理するのも大変だからと捨てずにそのままにしてある……このようなことはよくあることです。そのような場合は、出張買取をお願いし、運び出しまでお願いすることもできます。何冊以上ならという条件があったりもしますが、大半の買取店は無料で対応してくれます。

古くなった本は廃品回収に出すという方が多いです。しかし、それならばいっそ他の持ち主に見つけてもらえるように、古書店に買い取ってもらう方がいいと思いませんか?
自分たちにとってはお金という形に姿を変えて役に立ちますし、愛された本にとっては次の持ち主の下で価値を見出されることで、再び輝くことでしょう。

ご自宅にある本を買い取ってもらおうと考えた時、お近くにあるリサイクルショップなどを利用しようと考える方が多いと思います。
普通の古本であれば、そのようなところに持ち込むだけで、ランチ代くらいにはなるかもしれません。でも、もし「これは古書かもしれない」と思ったのなら、古書の価値がきちんとわかる専門の買取店に持ち込みましょう。

買取店は良心的なところがほとんどです。でも、不安に感じるのなら、複数のお店から見積もりをとりましょう。値段だけでなく、気持ちの良い取引をしれくれるところとお取り引きされることをお勧めします。

重なっている古書

オススメ記事

「古書を買取!貴方の古本は誰かにとっては古書かもしれません。」のオススメ記事です。